特定技能外国人の派遣 促進事業

農業現場の人不足と、適法人材の活用の促進を目指して


 GAPには人権・労務管理の管理点がありますが、外国人技能実習生や外国人労働者の扱いが問題になることが多い分野です。また、コロナ禍の影響もあり、技能実習生が予定通りに入ってこないために労働力不足になっている現場もあります。やむなく、不法滞在労働者を集めている業者に業務委託するなど、抜け穴を利用せざるを得ない農業現場も増えています。

 平成31年より新たな在留資格として特定技能の入国枠が認められたことから、技能実習生の経験者を中心に最長5年間の在留期間延長が認められ、農業分野では特定技能外国人を派遣の形で、農家の必要な時期だけ労働力を提供する仕組みも始まりました。農業界から期待されている新たな仕組みではありますが、派遣会社は農家の労働力の具体的ニーズ(いつ、何人欲しいのか)が分からず、情報が不足していることによるミスマッチで、普及が遅れています。

 コロナ禍により外国人の入国が制限されていることもあり、深刻な労働力不足から不法労働者を集めている業者を活用するなど不適切な労働状況も見られるようになっています。 外国人材の新在留資格「特定技能」による派遣という有用な仕組みが導入されたものの、コロナ禍もあり、双方のニーズなど情報の共有が不足しているため普及が進んでいないのが現状です。

 GAP総合研究所のネットワークにより、労働力のニーズ情報を集め、NPO法人会員の派遣会社に提供することで、特定技能の外国人労働者の活用が進みます。それにより、合法の外国人労働力の普及推進を図ることができます。




特定技能外国人の受入れ制度とは

 技能実習生に加えて、2019年6月より農業分野を含む特定14分野において新たな在留資格「特定技能」での受け入れが可能になりました。特定技能外国人材は日本で「通算」5年まで働けます。

(参考)農林水産省 資料「特定技能外国人の受入れが始まりました!」

 

<特定技能外国人の派遣>オンライン説明会 申込フォーム

※オンライン説明会はZoomで行います。
受講のためのURLは、オンライン説明会の前日までに別途お送りいたします。
接続する際は一つのデバイス(パソコン、タブレット、スマートフォン)からの ご参加をお願い致します。
※ZOOMの使用方法につきましてはこちらをご参照下さい。 https://support.zoom.us/hc/ja
※オンライン説明会の申込締切は、各開催日の前々日です。

下記について同意頂けた方は、フォームに必要事項を入力して送信してください。

プライバシーポリシー(別ウィンドウが開きます)


氏名  (例)特定太郎
メールアドレス
(半角英数記号)

※こちらのメールアドレスに、申込内容を送信します。
※ドメイン指定受信をご利用の場合は、asiagap.jpからのメールが受信できるよう、あらかじめ設定をお願い致します。
オンライン説明会 希望日程
(1つチェックしてください)
2021年4月23日(金)11:00~ 2021年4月23日(金)18:00~
GAP総合研究所の
無料メールマガジン
※配信を希望しない場合はチェックをはずして下さい。
送信ボタン      
※申込「送信」後1分以内に、メール(件名:<特定技能外国人の派遣>オンライン説明会 申込内容確認メール)を自動配信いたします。
1分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスに全角文字が混ざっていたり、ドット「.」が抜けているなど、メールアドレスの間違いがないかご確認の上、再度申込フォームを送信してください。
原因が分からない場合は、GAP総合研究所までお問い合わせください。( tokutei@asiagap.jp )
ご質問はメールのみでお受けします。


<特定技能外国人の派遣>申込フォーム


お申込みを決めている方は、下記バナーをクリックしてお申込みください。

この申込フォームを使うことにより、一度の記入で、複数の派遣会社に一括で問い合わせすることができます。 見積もり・サービスなど、比較して決めましょう。



 

ページのトップへ戻る