GAP指導者の育成と現地指導

JGAP / ASIAGAP 研修

日本の事実上の標準GAPであるJGAPの研修とGFSI承認の国際規格ASIAGAPの研修 行います。

▸研修を受けたい方はこちら(研修日程一覧)
▸研修の出張をご希望の方はこちら

JGAP研修
■初心者から中級者の方におすすめ
JGAP指導員 基礎研修
(2日間コース)
GAP初心者にも最適な内容です。
●GAP総合研究所の【JGAP指導員 基礎研修】はココが違う!
■中級者から上級者の方におすすめ
JGAP指導員 現地研修
(1日間コース)
JGAP認証農場を訪問し、農場現場で研修を受けます。
JGAP/ASIAGAP指導員 団体認証研修
(2日間コース)
生産者団体(JAなど)でJGAPに取り組む方法を学びます。
●GAP総合研究所の【JGAP/ASIAGAP指導員 団体認証研修】はココが違う!
■上級者の方におすすめ
審査員研修
(3日間コース)
審査員になりたい人のための研修です。
●GAP総合研究所の【JGAP審査員研修】はココが違う!
ASIAGAP指導員研修
ASIAGAP指導員 基礎差分研修
JGAP指導員の方がASIAGAP指導員の資格を得る為の差分研修です。
●GAP総合研究所の【ASIAGAP指導員 基礎差分研修】はココが違う!

GAP総合研究所の【JGAP指導員 基礎研修】は、ここが違う!

GAP総合研究所のJGAP指導員 基礎研修は、ここが違う①
日本GAP協会が指定する通常のテキストに加え、実際にJGAP認証を持っている農場の管理帳票・記録・農場の写真一式が入ったオリジナル研修資料が付いてくる!
やっぱり本物の農場の、記入されている帳票を見るのは、理解度が違う!
オリジナル資料
※クリックすると拡大して表示されます

GAP総合研究所のJGAP指導員 基礎研修は、ここが違う②
座学での基礎研修の後に、視察研修(農場オンサイトセミナー)が受けられる。
百聞は一見に如かず。やはり現地を見ると理解度が違う!

6月7月は現地研修開催のため、お休みさせていただきます。
参加申込は下記を参考にしてください
無料の視察研修(農場オンサイトセミナー)

視察研修

GAP総合研究所の【JGAP/ASIAGAP指導員 団体認証研修】は、ここが違う!

GAP総合研究所の団体認証研修は、ここが違う
日本GAP協会が指定する通常テキストに加えて、団体農場管理マニュアルのフルバージョン実例を研修資料として配布し、研修効果を高めています。
実際の団体農場管理マニュアルを見ることができるので、
実践的で具体的な知識が身につく!
オリジナル資料
※クリックすると拡大して表示されます

GAP総合研究所の【ASIAGAP指導員 基礎差分研修】は、ここが違う!

GAP総合研究所のASIAGAP指導員 基礎差分研修は、ここが違う
日本GAP協会が指定する通常のテキストに加え、下記のGAP総研オリジナル資料がついてきます。
ASIAGAP取り組みで最も難しい食品安全マネジメントシステム・HACCPベースのシステムを含む実物の農場管理マニュアルを研修資料として使います。
実際にASIAGAPの認証を取った農場が使用する本物の帳票を見ることができるので、とても参考になる研修です !
オリジナル資料
※クリックすると拡大して表示されます

GAP総合研究所の【JGAP指導員 現地研修】は、ここが違う!

GAP総合研究所の現地研修は、ここが違う
・GAP総合研究所が研修用農場として契約しているJGAP/ASIAGAP認証農場(農業生産法人・15ha)で現地研修を行うため、農場の中でたっぷり時間をかけて学ぶことができる。
・実際の農場で行うため、日々使われているマニュアル・帳票・記録・動いている現場をすべて見る事ができる。
・「農場のリスク」の考え方と解決方法にポイントを置き、他の農場指導にも応用できるようにカリキュラムが組まれている。
・研修用にわざと不適合な部分を準備し、それを改善していくワークショップがカリキュラムに組み込まれており、GAP指導の疑似体験ができる。
・JGAP認証とASIAGAP認証の両方を持つ農場で研修するため、JGAPとASIAGAPの差分について、わかりやすく学べる。
・原則、農場内のすべてについて写真撮影可。
・過去にGAP総研が開催した研修参加者※には、割引料金を適用。
※指導員基礎研修、団体認証(旧産地リーダー)研修、ASIAGAP差分研修、審査員研修、現地研修
現地研修

GAP総合研究所の【JGAP審査員研修】は、ここが違う!

GAP総合研究所の審査員研修は、ここが違う!
・GAP審査員育成のための専用の自社農場を2日目の実習農場として使用しているため、8時間かけて農場での実際のJGAP/ASIAGAP審査をたっぷり経験できる。
・実際に動いているJGAP/ASIAGAP認証農場を使い、わざと作った不適合を見つけたり、日々使われている帳票類を見ながら、実際の審査に近い体験ができる。
・審査の現場をたくさん経験しているベテラン審査員が講師をするので、細かいところまでたっぷり訓練ができる。
・審査員研修講師に加え、農場のスタッフが丸1日模擬審査に参加。
・現地での審査を経験した後、管理点一つ一つの解釈や判断をディスカッションするので、研修後に疑問点を残しません。
・原則、農場内すべてについて写真撮影可。
審査員研修

<過去にGAP総合研究所の研修を受けた方 限定特典>
上記のオリジナル研修資料と視察研修を提供します。GAP総合研究所までご連絡ください。

▸研修を受けたい方はこちら(研修日程一覧)
▸研修の出張をご希望の方はこちら

GAP指導

GAP総合研究所は、JGAPの指導農場数NO.1

GAP指導ご希望の方は下記の依頼書をダウンロードの上、メール、またはFaxでお送りください。

▸GAP指導依頼書・見積り依頼書 (PDF版はこちら)


支援事例
 JA米部会 JGAP認証農場取得支援
取引先の酒造メーカーの要望により、生産管理体制の向上を目的としたJGAP導入を支援。良質で安全な酒米の生産を実現し、優先的な契約販売を制約。

GLOBALG.A.P.と米国FDA-GAPの指導と研修

欧州のデファクトスタンダードであるGLOBALG.A.P.の指導や研修、および米国向け食品輸出で必須(※2016年秋より)となるFDA-GAPの指導や研修を提供します。

支援事例  農業生産法人 野菜GLOBALG.A.P.認証取得支援
輸出先からの要望であるGLOBALG.A.P.認証の取得を支援。
JGAP認証は既に取得済みだったことから、GLOBALG.A.P.が発行しているJGAP/GGAPガイドラインを利用して取り組み負担を軽減し、認証を短期間で取得。

 

流通企業や食品メーカーの原料産地のGAP指導・二者監査の受託

バイヤー企業が定める独自の調達基準の【導入・指導/二者監査】をサポートします。

JGAPやGLOBALG.A.P.などを部分的に利用し、取引産地すべてに、低コスト・短期間で導入する手法も提供します。

JGAP活用の応用

  • デファクトスタンダードのJGAPの第三者認証と、差異部分の二者監査を組み合わせた産地管理手法。
支援事例  茶園と茶工場 大手飲料メーカー独自の基準を導入するにあたりJGAPを活用。
原料産地のすべてがJGAPを取得したうえで、メーカー独自基準との再部分のみを指導および二者監査をすることで、独自基準をすべての原料産地に低コスト・短期間で導入。
ページのトップへ戻る