GAP普及大賞 2017 候補募集 (募集は終了しました)

日頃よりGAPの普及活動をご支援頂き、誠にありがとうございます。
昨年、多くの方にご参加頂きましたシンポジウム「GAP Japan」が、今年も下記の通り開催されます。

■シンポジウム GAP Japan 2017 -日本のGAPの今が分かる-
日時:2017年9月26日(火) / 場所:東京大学 弥生講堂(東京都文京区)

 

このシンポジウムのメイン企画の一つとして、GAP普及大賞の表彰を行います。GAP普及大賞とは、「最もGAPの普及に貢献した取り組み事例を表彰するもの」です。2016年のGAP普及大賞は、選考委員会の結果、2つの分野から表彰されました。

 

■GAP普及大賞 農業者と JA の両方の負担を軽減した GAP 団体導入の取り組み
<受賞者>JA おおいた GAP 研究会
■GAP普及大賞 流通企業と全国の若手農業経営者の GAP 普及に向けた取り組み
<受賞者>株式会社ローソンとローソンファーム社長会

 

今年も皆様にGAP普及大賞の候補者を推薦して頂きたいと思います。自薦・他薦は問いません。取り組み事例はもちろん、それに貢献した事業者(会社)も候補対象になりますし、人も候補対象になります。JGAP/GLOBAL G.A.P./都道府県GAPなど、多様なGAPの取り組みを対象とします。

候補者につきましては学識経験者による選考委員会で審査を致します。大賞に選ばれた場合は、シンポジウム「GAP Japan 2017」にてスピーチをお願いします。詳しくは、募集要項を参照ください。

昨年も授賞式には農業・流通関係者や報道関係者が多く集まりました。地道ではあるがキラリと光るGAP普及の活動を広く知って頂く良いチャンスです。ぜひ、ご推薦をお願いします。

 

締め切り 申し込み先 候補者の募集
(PDF)
候補者の募集
(Word)
2017年8月20日(日)
(募集は終了しました)
アジアGAP総合研究所
担当:岡田
TEL:029-893-4424
FAX:029-893-4425
PDFファイル
ワードファイル

 

■GAP普及大賞 選考委員:
岩元明久(日本農業普及学会 副会長)
田口光弘(農研機構 北海道農業研究センター 主任研究員)
伊與田竜(北海道 網走農業改良普及センター 主任普及指導員)

 

ページのトップへ戻る