日本唯一のGAPのシンクタンクとして、
東アジアのGAP指導と農産物のブランド化を支援します。

GAP指導者の育成と現地指導

• 日本のデファクトスタンダードGAPであるJGAPの指導や研修を提供します。

GLOBALG.A.P.・米国FDA-GAP・その他の国内外のGAPの指導と研修にも対応。

GAP人材育成のための専用農場を設置

• 流通企業や食品メーカーの原料産地のGAP指導・二者監査をサポート

▸詳しくはこちら

農産物のブランド化の支援

• 農産物のブランド化と、それを支える産地の品質管理体制の構築を支援します

• 産地リレーを伴う大規模ブランドから2015年6月施行の地理的表示法に基づくGI登録まで指導します。

• ブランドの設計から農業現場の品質管理体制の構築まで支援します。

日本の農業者の東アジア進出を支援

• 東アジアを中心とした海外への日本産農産物の輸出と、日本の農業者による海外現地生産を支援します。

• 農業技術の国際交流促進や、国境を越えた産地リレー構築などを支援します。

• 日本・台湾・香港の事務所が、日本農業者の東アジア進出をしっかりサポートします。

▸詳しくはこちら